コンテンツへスキップ

5.どんな職場環境でも良い面と悪い面があります。問題があれば、自分でそれを作っているのです。
この記事の4項目を言い換えるならば、「完璧な」職場環境はないということです。新世紀時代にとって最高の職場環境でさえも、彼らにとっては試練の多い環境です。あなたの本当の価値はあなたが何をもたらすかによるのです。

あなたが給料をもらっているからといって、もらうばかりでいるということではありません。その職場には史上最悪な上司がいるかもしれないし、楽しくない業務をしなければならないかもしれないし、したくもない残業をしないといけないかもしれないです。しかし、結局のところ、あなたが学んだことは自分自身の考え方による結果なのです。あなたはそれを罰としてとらえることもできますし、チャンスだととらえることもできます。あなたはそれに対して落ち込むこともできますし、成長のための試練だととらえることもできます。

私の祖母がかつて言っていました。「あなたは全ての人から学ぶことができるのよ。」と。

その機会を見つけることが出来るかはあなた次第です。

(追記:明らかに職場環境が不健全である場合、そこに留まらないでください。新しい職場に異動したり新しい仕事を見つけることです。しかし、その過程でそのことを失敗だと思わないでください。精神的に完全に無理があったということです。どんなに些細なことでもいいので、自分が対応できることを探しつづけてください。)

6.長期的に成功するためには自分が知らないことを知ることです。
とても沢山の若者がレベルアップのために職を転々としようとしています。彼らは9ヶ月間働いて、また別の仕事に就くだめに退職します。さらに高い給料を得て履歴書に載せるためのスキルを高めるためです。このやり方は彼らが快適な船旅にあたるまで1~2年ごとに繰り返され、給料をもらって職場周りをしているのです。

それがあなたにとって成功を意味するのであれば、ぜひやってみてください、しかしそれは私にとっては成功とは思えません。

もしも自分のやり方で本当に成功し良い結果を得たいのであれば、自分が知らないことを学ぶための業務内容を見ることから始めなければなりません。「間違った」傾向にある人は知ってか知らずか無自覚に行っています。彼らは恥ずかしげもなく無知をさらしているのです。

あなたの知らないことを知っていることは長く働けるということにつながります。また、あなたのスキルを磨くことで試練を乗り越えてあなたの存在意義を示すこととなります。

7.あなたの給料は空からは降ってきません。
世界でもっともつまらないのないことの一つには、10人以下の零細企業でで働くことがあります。あなたの仕事の影響力は全て会社で真に見ることが出来ます。

ですから、労働力に含まれる多くの人々は給料・休暇日数・彼らが働けない時の早引きが保証されているかを念頭に置きます。彼らは大卒者であれば、当たり前にそれらの特権を受ける権利があると考えます。

零細企業で働くと、あなたは自分の仕事は誰かが一生懸命に働いてあなたのお皿に食べ物をのせてくれた結果であると気が付きます。彼らは自分で生きていくため、自分の勤める会社が生き残るため、また最も大事なこととして給料をもらうために毎日就職活動をしています。

いつもあなたが働かないで(または仕事について気にかけないで)、ただ給料をもらうことができると想定することは誤った考え方です。事実、それは権利がある人だけです。どうしてそうなるかというと、別の議論となりますが、一方であなたの仕事は保証されていないといことを認識する必要があります。誰かのポケットからお金をとっているということです。それは空から降ってきません。

8.あなたは誰のものでもありません。
あなたは夢をかなえたいですか?人は自分のことはしたいと思いますが、午前9時~午後5時までの仕事というわけではなく、自分のための仕事で、ノートパソコン一つで世界を旅して自分のことだけする人生を過ごしたいと思っています。

ほとんどの人は本当にそれを実現できるとは思っていませんが、そんな話をするのは好きなはずです。

人生で、誰もあなたの仕事に責任を持ちません。誰もあなたのクライアントへの責任を持ちません。誰もあなたの給料に責任を持ちません。それら全てあなた自身の責任です。

期待したり、だれもがそれを受ける権利があるように、「夢」について話すことは正しいことではありません。正直に言えば、そのために大変な犠牲を払う人からすると恥ずかしいことです。ですから、最高の仕事に就きたいと言うくらいならその類の仕事(または「夢の生活」)に向けて一歩踏み出してください。

9.あなたが頑張れることを補ってくれる仕事を見つけてください。
日々の仕事と自分の夢を分けて考えたり、または単発のアルバイトをすることで、人の夢は夢のまま終わるものです。

早速ですが、あなたは新世代の若者で、仕事を探していますか?

単なる職探しではなく、分野を絞って仕事を探している場合、満足できる何かを求めます。幸せな気分になったり、良い報酬が得られたり、そのほとんどに明るく約束された未来への明確な道筋のようなものを見出すことができるはずです。

私は悪い出来事を伝えたいわけではありません。仕事にほとんどの時間を費やし、場所に合わせた振る舞いをすることは経営者が約束したことではありません。

しかしながら、自分の人生を築くためにまず理解する必要があることをここにあげました。(長いので2回にわけます)

1.我慢していることに対しての代償を手に入れること
別の言い方をすると、「交渉の結果を受け入れること」です。
実に多くの新世代の若者が次の2つのうちのどちらかについて、十分に利益を得ることができてないと不満に思っています。昇給・雇用期間についての質問や、昇給を保証することやスキルを身に着けるために疲れ果てていることを理解してもらうための時間をとっていないことです。

実のところ、経営者は最低可能賃金で最高の成果を得たいと考えています。これは経済の基本的な考え方です。そのため、ある日会社に行ったら、給料が上がっていたなんていうことはあり得ません。もしも昇給を希望するなら、それを申し出るか、昇給せざるをえないくらいの価値のある従業員になることです。

2.求人に応募する際、履歴書に意味はありません。
履歴書が保管される場所としてもっとも多いのはどこか知りたいですか。それは誰もチェックしないEメールアカウントに溜まっています。
ほとんどの求人募集は知人・組織交流・個人的な推薦によって埋まります。これが人生というものです。人は顔見知りの人と働きたいと思うものです。自社のマーケティングを運営させるためにクライアントがどの企業を選択するのか、また経営者が誰を雇用するかを決定する上での考え方です。

良い職に就きたければ、履歴書を準備してください。ただし自分が交流のあるネットワークや知り合いに届くことに時間をかけてください。自己紹介の機会を申し出てください。希望の会社でコーヒーミーティングをセッティングして、社員の方を知る機会を作ってください。そういったものが無ければ人材紹介会社を利用してください。
さらに先を行くのです。そうでないと誰もあなたに注目することはありません。

3.オンライン上のあなたに関する情報は思っているよりも重要です。
私はいまだに大衆がこのことを理解するまでにどのくらいの時間がかかるのか疑問に思います。
就職面接を受ける際、履歴書にあるあなたの名前をグーグル検索されていると考えるほうが良いでしょう。それで何を確認するのでしょうか。オンライン上にあなたの情報がなかったり、Twitterのプロフィールがなにも更新されていなかったり、またLinkedInに何も書かれていないまたは無視されていたなら、あなたは内定をもらえないでしょう。

その一方で、誰かがあなたの名前をグーグル検索して大変印象深いオンライン上の人格が見られれば、あなたの評価(検索した人にとって)はうなぎ登りになるでしょう。「わぁ、あなたはInstagramで20,000人のフォロワーがいるのですね?」「わぁ、あなたはQuoraのトップライターなのですね?」私たちはこのようなことが「どうでもよい」と考えがちなのと同様に、彼らもそうです。人はインターネット上のあなた以外の情報を元に実際の判断を行うからです。

自分の人格をブランド化することは価値があります。とても重要な評価が得られます。

(補足:これだけは覚えていてください。ソーシャルメディアはゲームです。そして効果的にゲームを行う方法を学ぶことは大事ですが、それはあなた自身の価値の本質でないことは当然です。)

4.教えて欲しければ、学ぶことにオープンでなければなりません。
新世紀時代の若者は我慢強くないこと、レッテルを張られること、他全てにおいて不名誉な評価を受けています。しかし、実はこの傾向は管理不足や指導不足である環境がもたらした結果であることがほとんどです。そして、新世紀時代の若者は、年上世代がされてきた「頭を下げてとにかくやれ」という思考と同じことをただやろうとしているだけなのです。

しかし、(よく読んでくださいね)新世紀時代は教えて欲しければ、教えられやすい存在になることです。学びたければ、自分をさらけ出して喜んでそれを受けることです。自分の経験値以上のこと(企業で誰も手を付けようとしない問題)をやりたければ、善良な人に会うようにすることです。それは一方通行の人間関係ではなく、双方が歩み寄る人間関係です。

 

2017年は東南アジア諸国連合(ASEAN)50周年記念の年です。実に多くの祝福すべきことがあります。しかし、大事なことは50周年はASEAN諸国の未来とその先に待ち受けるものが何であるかについて考える節目の年でもあるということです。

5月にプノンペンで開催予定の世界経済フォーラムASEANサミットがまさにそのことを反映した内容となるでしょう。

サミットのテーマは「若者、技術、成長 -ASEANのデジタルと人口ボーナスの確保」で、それぞれASEAN地域の未来への重要な問いかけを含んでいます。

経済成長はエンジンのようなもので賃金と繁栄を促すために非常に重要であります。年間約5パーセントの成長率や莫大な規模で中流層を構築したパワーのように、ASEAN諸国は近年素晴らしい実績を見せています。2016年はASEAN10か国が団結し、世界で7番目の経済規模を示しました。2017年までにその順位は6位まで上昇し、2020年までに5位まで上り詰めるでしょう。

しかし、これと同じくらい印象的なのが、ASEANが非常に速いスピードで成長してきて今もなおそうであるということです。実際のところ、7パーセントの成長を目指しています。5パーセントと7パーセントではその差は小さいように見えますが、人々の懐の深くまで影響力を感じることとなるでしょう。5パーセントの成長で、ASEANは15年で賃金が2倍に、7パーセントだと10年で2倍に増えます。7パーセントの成長を達成する為に、ASEAN諸国はインフラ整備や教育など各国の国内の問題に焦点をあてて取り組まなければなりません。

そこでは国の規模も重要となります。各国がASEAN経済共同体(AEC)の取り組みを後押しをすることで著しく利益を得ることになるでしょう。AECが新たな単体市場になり、モノの動きを統合するという約束を果たす前段階のままのものが多いからです。AECが真に実現しないまま、現地のビジネスの規模拡大や、グローバル競争力を獲得するために奮闘するでしょう。そしてその結果、消費者は製品やサービスに対してさらにお金を注ぎ込むことになります。中国・インドは巨大な国内市場により利益を上げ続けるでしょう。

成長度合いが成長の質であることは危機的な状況です。悲しいことに、多くのASEAN諸国内で不均衡状態が顕著になっています。全ての国が平等に利益を得るのではありません。世界経済フォーラムの包括的成長・開発レポートが今年の1月に発表されましたが、それは政府がもっと公平な成果を保証するために用意した政策手段を綿密に見ていることがわかります。その答えは税の再分配の下に進めればうまくいくということです。実際のところ、再分配は本当に最後の手段として実行すべきでしょう。

若者はASEAN諸国にとって第2の大事な要素です。依然として、ASEANには6億3,000万人の若者がいます。(シンガポールやタイは高齢化がすでに進んでおり、全加盟国が該当するわけではありません。)
若者や人口増加により、国の経済発展推移・強力な人口ボーナスの保証が生み出されます。労働者世代の人口が増えると、その地域の消費が急激に増加し、また貯蓄や今後の投資へのキャパシティも増加するでしょう。

そしてまだ何の保証はありませんが、該当地域の人口ボーナスについては時間の限界があります。2025年までにASEANのほとんどの国で高齢かが始まります。政府と立法機関は人口ボーナスの実現化を確証するための法整備が求められます。

若者は教育や将来就く仕事のためにどんな準備をするのが一番良いのかについてよく考えるものです。環境・年金・ヘルスケアのような世代間流動性不安のある国を認識しなければなりません。現在の成長は未来の世代の頑張りから得ることはできません。政府は持続可能な財政・環境のためにどのような長期計画を考えるべきでしょうか。

今回のサミットのテーマの3つ目は技術です。ASEANは1967年に設立され、その頃というのはインターネットが作られるわずか2年前のことです。ASEANの登場はまさに完全に第3産業革命を彷彿させるもので、コンピュータや通信によって運営されてきました。

ASEANは50周年をめでたく迎えます。今日では、世界は第4産業革命の移行期に立っており、人工知能・機械学習・自動運転車・ユビキタスモバイルインターネット・遺伝学の急速な発展・物質科学・超安価オートメーションのような技術が利用される時代です。

A post shared by DFRobot official (@df_robot) on

ASEANがさらなる50年を目指すのであれば、テクノロジーの変化やデジタルディスラプションの急速なペースにどのように対応するかの難題に取り組まなければなりません。一方で、第4産業革命は財政算入・行き届いたヘルスケア・新しい教育方針・新たな企業やサービス部門の仕事により、莫大な利益をもたらすことができるでしょう。

現在のASEANは、世界インターネット市場を最速で成長させています。Google社とTemasek社の試算レポートによると、該当地域のオンライン利用者人口は毎日124,000人ずつ新しいユーザーが増えています。そしてこのペースで向こう5年は推移し続けるでしょう。

しかしながら、技術にも困難なことが多くあります。ロボットがさらに安価になったとき、製造業は仕事を生み出すことができるのでしょうか。IT技術のスキルをどのように享受し、活発な革新エコシステムを生み出すでしょうか。第4産業革命が繁栄する中、政府はどうすれば受入可能な環境や地域デジタル経済の結びつきを築き上げることができるでしょうか。

とにかく重要なことは物事の透明性です。デジタル技術が汚職や不正を暴く助けとなりますが、それによって社会的フラストレーションや崩壊を招くことが考えられます。しかし、これらの技術はまた悪い慣行をなくすことへの可能性も持ち合わせています。

企業・政府・教育機関・市民社会から輩出された750名以上のリーダーとともに、カンボジアで開催されるフォーラムのサミットはこれらの大きな問題の討議だけでなく、解決策のブレーンストーミングやアクションを起こす引き金となるきっかけの場になることでしょう。